ホーム > 企業・経済  

ドン・キホーテと支社長ら8人、違法残業で書類送検 最長3カ月で415時間

2016年1月28日17時43分 印刷
+ドン・キホーテと支社長ら8人、違法残業で書類送検 最長3カ月で415時間
東京都目黒区にあるドン・キホーテ本社とドン・キホーテ中目黒本店(写真:Aimaimyi)

大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」(東京都目黒区)が、従業員に違法な長時間の残業をさせたとして、労働基準法違反容疑(長時間労働)で書類送検された。書類送検されたのは、法人としてのドン・キホーテと支社長や店長ら8人。国内の複数のメディアが伝えた。

労働基準法では、労働時間を1日8時間、週40時間までと定めているが、労使協定を結べばこれを超えて働かせることができる。ドン・キホーテでは、労使協定で3カ月で120時間までの残業は可能と定めていたが、これを大幅に上回る最長415時間45分の残業をさせた疑いがある。

産経新聞によると、店舗別ではそれぞれ3カ月間に、町屋店と町田駅前店で従業員2人に最長415時間45分、荻窪駅前店、東八三鷹店、めじろ台店で従業員4人に最長265時間30分の残業をさせた疑いがある。書類送検されたのは、この5店舗の店長5人と、埼京、西東京、神奈川中央の各支社長3人の計8人。いずれも30〜40代。

今回の書類送検は、ブラック企業対策のために昨年4月、東京・大阪の両労働局に設置された「過重労働撲滅特別対策班」による3例目の書類送検だという。同対策班が昨年6月、ドンキ・ホーテを家宅捜索するなどしていた。

NHKによると、親会社のドンキホーテホールディングス(同)は、既に残業時間の削減を行い、違法な残業は解消されているとしている。

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース