ホーム > 事件・事故  

長崎市戸石町で火事、親子とみられる遺体2人 住宅2棟全焼

2016年1月27日12時43分 印刷

長崎市戸石町で27日午前1時40分ごろ、木造2階建ての住宅で火事が発生した。隣接する住宅1棟を含め計2棟が全焼。近くにある他の住宅3棟も一部が燃えた。火元の住宅からは、住人の親子とみられる2人の遺体が見つかった。国内主要各紙が伝えた。

読売新聞によると、火元の住宅は左官・森木研治さん(62)方で、焼け跡からは森木さんと次男の晄太郎君(10)とみられる2人の遺体が見つかった。晄太郎くんは、長崎市立戸石小学校に通う4年生。2人と連絡が取れないことから、警察は遺体が2人のものとみて身元の確認を急いでいる。

森木さんは6人家族で、他の4人は逃げて無事だった。朝日新聞によると、火事があった当時、6人とも就寝中だったとみられている。毎日新聞によると、遺体は1階部分で見つかった。

一方、森木さん方の火事が飛び火し全焼した住宅は、土木業・田平浩一さん(57)方。田平さんは4人家族で、全員が逃げて無事だった。

現場は、JR長崎駅から東に約10キロの住宅街で、近所の人が119番通報したという。警察と消防が詳しい出火原因を調べている。

関連記事


新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース