ホーム > 事件・事故  

建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」で火事 三菱重工長崎造船所 香焼

2016年1月12日07時12分 印刷
+建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」で火事 三菱重工長崎造船所 香焼
アイーダ・クルーズ(ドイツ)が所有する大型客船「アイーダ・マール」(写真:Thiedbolt)

長崎市香焼(こうやぎ)町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」で11日午後8時半ごろ、火事があった。約15平方メートルが焼けたが、けが人はなかった。共同通信などが伝えた。

同通信によると、工場関係者が「船内で煙が充満している」と119番通報。7階の劇場近くが焼けたという。電気配線が火元とみられている。

船内ではスプリンクラーが作動し、消防車13台が出動。火は約1時間後に鎮圧状態になり、12日午前0時10分に鎮火した。TBSによると、当時船内には約200人の作業員がいたが、全員が避難し、けが人はなかった。

アイーダ・プリマは、世界最大のクルーズ客船運行会社「カーニバル」(米国)傘下のクルーズ会社「アイーダ・クルーズ」(ドイツ)から、三菱重工が2011年に受注。当初は昨年3月までに納入を予定していたが、設計や資材の相次ぐ変化で建造が遅れ、三菱重工が特別損失を計上する原因になっている。

納入がこれまでに3度延期され、今年度内にも引き渡しが予定されていたという。この火事の納入への影響は、今のところ不明。

関連記事


新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース