ホーム > 事件・事故  

靖国神社のトイレで爆発 新嘗祭に合わせた犯行の疑いも

2015年11月23日11時53分 印刷
+靖国神社のトイレで爆発 新嘗祭に合わせた犯行の疑いも
靖国神社(写真:TAKA@P.P.R.S)

靖国神社(東京都千代田区)で23日午前10時ごろに爆発音がし、警察が調べたところ、南門付近のトイレの天井や壁の一部が壊れたり、焼けたりしていた。NHKなどが伝えた。

靖国神社ではこの日、午前10時から「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる行事が行われており、警察は、普段より人が訪れる新嘗祭に合わせて靖国神社を狙った事件の可能性もあるとして調べている。

NHKによると、この爆発によるけが人はない。また、現場近くの工事現場の警備員の話として、「(爆発)音は1回で、かなり大きくて驚いた。煙は見えなかった」と伝えた。

警察は現場に爆発物処理班を送り、詳しい状況を調べている。一方、靖国神社によると、新嘗祭は予定通り行われているという。

関連記事

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング