ビリー・グラハム牧師、9月末に新刊『Where I Am』出版

2015年9月3日22時49分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+ビリー・グラハム牧師、9月末に新刊『Where I Am』出版
ビリー・グラハム牧師の新刊『Where I Am: Heaven, Eternity, and Our Life Beyond(私のいるところ―天国、永遠、私たちの来世)』(写真:フランクリン・グラハム牧師のフェイスブックより)

世界的なキリスト教伝道者ビリー・グラハム牧師(96)が、新刊『Where I Am: Heaven, Eternity, and Our Life Beyond(私のいるところ―天国、永遠、私たちの人生のかなた)』を出版する。息子のフランクリン・グラハム牧師は、ビリー牧師が95歳の誕生日を迎える前からこの本に取り組んでいたことを明かした。

フランクリン牧師は8月30日、「今週末、父の自宅を訪問できて素晴らしかったです」とフェイスブックに投稿した。

投稿はさらに、「父は、『私が死んだら他の人に、私は主である救い主イエス・キリストのところに行ったと言いなさい。そこが私のいるところだ』と言いました。イエスご自身が、『心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。・・・あなたがたのために場所を用意しに行く・・・戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる』(ヨハネ14章1〜3節、抜粋)と言いました」と続いている。

アマゾンの書籍紹介によると、新刊はビリー牧師からの「最終章」とされ、過去、現在、永遠の現実性についての考えを分かち合うものだという。

「ビリー・グラハム牧師はもはや世界のスタジアムで説教をすることはないだろうが、この本を読めば、師の心が世界の救い主イエス・キリストと永遠の時間を過ごせるという明白な確信を持って、いまだ強く鼓動していることを感じるだろう。『Where I Am』の中でビリー牧師は、私たち全てを永遠の希望について熟考するよう招き、また強く促している」と紹介文にはある。

この本の中でビリー牧師は、聖書66巻の全てのメッセージについて、真理、警告、愛、未来の確かさに焦点を当てたコメントを付けているという。

96歳という非常に高齢にもかかわらず、世界的に有名な説教者であるビリー牧師は、自身の伝道協会の「My Answer」という活動を通して人々と接し、質問に答えている。

8月初旬、地元紙「カンザスシティ・スター」の読者が、イエスと他の高徳な人物の違いを尋ねた質問で、ビリー牧師は「違いは、イエスが信心深い人であるだけではなかったことです。聖書は、イエスが現に人となった神であると述べています。これは深遠な真理で、そしてこれまで現れた他の全ての宗教指導者とイエスが決定的に違うところです」と説明した。

そしてさらに、「一方で、聖書はイエスが100%人間だったことを明らかにしています。彼は赤子として生まれ、子どもとして育ち、成人になってからの多くの人生を大工として過ごしました。しかし聖書は、イエスは100%神であったとも語っています」と述べた。

アマゾンによれば、新刊は9月29日に発売される。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース