統一教会が名称変更 「世界平和統一家庭連合」に

2015年9月2日18時33分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

世界基督教統一神霊協会(統一教会)が、名称を「世界平和統一家庭連合」に変更した。変更は8月26日付。今後1年間、看板や出版物、公式文書などは新名称と共に旧名称も併記し、名称変更に伴うロゴは追って発表される。公式サイトで8月31日に発表した。

名称の変更については、既に1997年4月に創設者である文鮮明(1920〜2012)が発表。同年5月以降、日本以外の海外にある支部では名称変更が既に行われていたという。

日本での名称変更が遅れたことについて統一教会の広報局は、「諸般の事情」により手続きが遅れたとし、「今後は世界と歩調を合わせて、神様の創造理想を家庭に完成することを通して地上天国実現を目指して参ります」と報道関係者に向けて報告している。

統一教会は、文鮮明により1954年5月1日に韓国ソウルで創設された。その後、世界本部が米ニューヨークに移され、活動国は現在では194カ国に上る。日本では、64年に東京都知事の認証で宗教法人となり、活動を続けている。

これまで霊感商法によるトラブルや、マインドコントロールによる勧誘活動などが社会問題となり、裁判も多数行われている。キリスト教系の新宗教団体だと自称しているが、日本のキリスト教会では、プロテスタントもカトリックも、キリスト教の一教派とは認めていない。

一方、統一教会は名称変更の発表とともに、これまで献金や勧誘活動について教会側の使用者責任を問う司法判断があったことを受け、「今後このような問題を問われることのないよう、日本社会と国家からより信頼を受けることが出来るように、宗教法人として適正な管理運営に努めて参ります」としている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング