東京都:矯風会で東京大空襲の証言者招いた集い、大逆事件の映画上映会

2015年7月10日20時32分 印刷
+東京都:矯風会で東京大空襲の証言者招いた集い、大逆事件の映画上映会
8月7日(金)に行われる「クーシューってどーゆーこと?〜東京が燃えた日〜」

日本キリスト教婦人矯風会(東京都新宿区)は8月7日(金)、同会がある矯風会館の1階ホールで、「クーシューってどーゆーこと?〜東京が燃えた日〜」と題し、1945年3月10日の東京大空襲について、東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)の証言者である二瓶治代(にへい・はるよ)さんの話を聞く集いを開く。

同会は公式サイトで、「1945年3月10日、米軍により入念に計画・実行された焦土作戦により、一晩で10万人もの人々が焼き殺された東京大空襲。江東区亀戸で、当時8歳だった二瓶(にへい)さんは炎の中を逃げまどい、焼死体の下敷きになってかろうじて助かりました。たくさんの『見る』資料とともに、二瓶さんのお話を伺います。終わりに平和を願う音楽もあります」と説明している。

開場は午後1時、開始は同1時半。チケットは前売りが一般900円、同会員800円、高校生以下500円。当日は一般と同会員が1200円で、高校生以下は500円。問い合わせ先など詳しくはこちら

また同会は、日本聖公会東京教区人権委員会と共に、9月5日(土)に同ホールで、映画『100年の谺(こだま)~大逆事件は生きている』の上映会を行う。

東京都:矯風会で東京大空襲の証言者招いた集い、大逆事件の映画上映会
9月5日(土)に行われる映画『100年の谺(こだま)~大逆事件は生きている』上映会

映画の公式サイトによると、「1911年(明治44年) 絞首刑12名、無期懲役12名を出した大逆事件は、その後の研究で、大逆罪に名を借りた社会主義者、無政府主義者への弾圧であり、国家によるフレームアップ事件であることが明らかになっている」とある。また、「この映画では、大逆事件の犠牲者たちが何を考え、何をしようとしたかを明らかにするとともに、事件に対する日本の文学者達の数少ない反響を当時、フランスで起こったドレフュス事件との対比でみていく」などと説明している。

上映時間は、午後1時からと同4時半からの2回。上映会後には、映画を制作した千原卓司氏のトークセッションがある。

入場料は、前売り800円、当日1000円。問い合わせ先など詳しくはこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース