香港デモ 陳枢機卿と発起人3人、警察に出頭

2014年12月9日16時19分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:香港

【CJC=東京】カトリック香港教区名誉司教のジョゼフ陳日君(ゼン・ゼーキウン、82)枢機卿が3日、民主派デモの共同発起人たち3人に同行して警察に出頭した。2カ月以上続き、デモ隊と警官隊の衝突が激化している香港市街での抗議行動を終わらせるよう呼び掛ける狙いと見られる。米カトリック通信CNSが報じた。

ゼン枢機卿は警察署内に約1時間ほどいたが、外へ姿を現した後、香港の民主主義のために祈るよう市民に呼び掛けた。

香港中心部のビジネス街の道路を占拠した民主化運動グループ「オキュパイ・セントラル」(中環地区を占拠せよ)は、香港大学で法学を講じる戴耀廷(ベニー・タイ)准教授とバプテスト教会の朱耀明(チュー・イウミン)牧師らが発起人となり、香港政府と中国中央政府に香港での真の民主主義を実現させることを目指して活動してきた。抗議行動は、本土政府が2017年の香港行政官選挙の候補者を都合良く選ぼうとしていると主張して行われた。

ゼン枢機卿は11月下旬、自身のブログに、民主化への闘争は長い時間がかかるかもしれないが、「ダビデがゴリアテを石で打ち倒したように、奇跡は起こるかもしれない。そして、ベルリンの壁が25年前に崩壊したことは誰も予想していなかった」と書き込んでいた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:香港

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング