家庭の創造・堕落・回復、「鍵は夫婦」 幸せな家庭セミナー

2014年11月21日13時46分 記者 : 竹村恭一 印刷
+家庭の創造・堕落・回復、「鍵は夫婦」 幸せな家庭セミナー
個別に話を聞きアドバイスをする坂下章太郎牧師(中央)。「分裂させることが悪魔の戦略。諦めずに神様は交わるように言います」と繰り返し励ます=20日、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で

東京メトロポリタンチャペルは20日、東京のお茶の水クリスチャン・センター(OCC)で「幸せな家庭セミナー」を行った。同チャペルは、さいたま福音キリスト教会(さいたま市)の坂下章太郎牧師が昨年から始めた教会で、日曜日に用事があり礼拝に参加できないという人に、土曜日に集会を行うことで、礼拝の場を提供している。

この日のセミナーに参加したのは数人だったが、異なるバックボーンを持った男女が集まった。坂下牧師は「私も妻もクリスチャン第一世。クリスチャンの価値観とは違う家庭で育った」と自己紹介。小学生のころ、ひょんなことから聖書を読み、憎んでいた父と同じ罪を自分も持っていることを知って衝撃を受けた。そして、イエスの十字架での身代わりの死の意味を理解し、クリスチャンになったという。

今回、家庭をテーマにしたセミナーを開いたことについても、「私は『大草原の小さな家』というドラマを見て、小さいながらも皆で助け合って生きる劇中のクリスチャンの家庭に感銘を受けました。日本でもあんな家庭を増やしたい」と、自身の証も交えてビジョンを語った。

現在、日本は3組に1組が離婚、4人に1人が再婚を経験しているという。坂下牧師はこうした現状に触れ、創世記1章と2章、またイエスの生涯の内容をもとに話を進め、「時間(Time)を一緒(Together)に過ごし、話(Talk)をし、触れ合い(Touch)、信頼関係(Trust)を築く5つのTが重要」と語った。

このやり方は、イエスと付き従った仲間との関係の築き方と同じと言える。彼らは3年半の間、旅を共にし、食事を共にし、時にはイエスは仲間たちにチャンスを与え、訓練もして、互いに時間を共有した。彼らと同じ時間を過ごすためには、現代のように職業に従事しながら行うと、単純に計算しても約60年かかるという。

「日本では『愛してる』や『ごめん』『ありがとう』などの言葉を口で伝えることに抵抗を感じる人も多いが、元々まったく違う文化で育った者同士。お互いに相手を選んだ責任がある。放っておいてよいことはないし、乗り越えた先に成長がある」と指摘。「神が結び合わせ、導いてくれたと信じる心、あの先生がこう言うとかヒュ-マニズムではなく、聖書に基づく信仰が大切」と強調した。

他にも夫婦の間で一致が必要なものとして、金銭の問題と性的関係を挙げる。どちらも世の中には誘惑が多く、公に話すことがはばかられる話題だが、夫婦は「神様が結び合わせたパートナーだということを忘れないでください」と伝え、諦めずに一致して信頼関係を築くことを励まし勧めた。

集会の後には参加者同士が自由に話す時間も設けられ、坂下牧師は参加者と交わりを持ち、個別にアドバイスも行った。

このセミナーは「結婚」「夫婦」「子育て」の3つのテーマで開かれ、第2回目の今回は「夫婦」をテーマに行われた。次回は「子育て」をテーマに来年3月12日(木)に行われる。問い合わせは、東京メトロポリタンチャペルのホームページ、または電話(048・686・9999)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース