片手で手軽に読める「フリップバック装」の新約聖書が新発売 日本出版業界初

2014年10月17日19時40分 印刷
+片手で手軽に読める「フリップバック装」の新約聖書が新発売 日本出版業界初
新発売された『新共同訳 新約聖書 フリップバック装』。表紙は、ホワイトハウスの文化担当顧問を務めた経験のあるマコト・フジムラ氏の作品「Golden Sea」が使用されている。(写真:日本聖書協会提供)

左から右でも、右から左でもなく、下から上にページをめくることができる「フリップバック装」の聖書が発売された。スマートフォンでスクロールするような感覚で、片手だけでページを上に開いて読むことができる全く新しい聖書で、表紙は米ニューヨーク在住のクリスチャン画家、マコト・フジムラ氏が手掛けた斬新なデザインとなっている。

発売されたのは『新共同訳 新約聖書 フリップバック装』(日本聖書協会、税抜2500円)。下から上にページをめくり、360度無理なく開くことができるという特性を持った「フリップバック装」は、ヨーロッパで話題の新しい書籍のスタイルだという。同協会によると、日本でのフリップバック装の書籍は一般書も含めこのフリップバック装聖書が初だという。

サイズは118ミリ×80ミリ×13ミリ。胸ポケットにもすっぽり収納できる小型サイズだ。用紙は1平方メートル当たり22グラムの世界最軽量クラス(フランス製)のものを使用しており、重さは120グラムと卵2個分程度しかない。印刷はオランダで行なった。

片手で手軽に読める「フリップバック装」の新約聖書が新発売 日本出版業界初スマートフォンでスクロールするような感覚で、片手だけでページを上に開いて読むことができる。(写真:日本聖書協会提供)片手で手軽に読める「フリップバック装」の新約聖書が新発売 日本出版業界初サイズは118ミリ×80ミリ×13ミリで、胸ポケットにもすっぽり収納できる小型サイズ。(写真:日本聖書協会提供)

表紙のデザインには、ホワイトハウスの文化担当顧問を務めた経験のあるマコト・フジムラ氏の作品「Golden Sea」を採用した。聖書の表紙にこうしたモダンなデザインを採用するのは、同協会が発行する聖書の中では初めてだという。聖書と言えば、黒の皮表紙のシックな書物を連想するかもしれないが、デザイン志向の強い現代人に合わせ、アートを意識した。

フジムラ氏は、『ジェームス王欽定訳聖書』の誕生400年を記念し出版された『Four Holy Gospels(四福音書)』(2011年)の挿絵を担当した。この挿絵は抽象画で描かれたが、これまでの聖書の挿絵は写実画がほとんどで、フジムラ氏によって初めてモダンアートの挿絵が入った聖書が誕生したという。

『Four Holy Gospels』の挿絵制作作業は約1年半にわたったが、この間、「細部まで神経を砕く作業からの息抜きとして、大きなキャンバスに雲肌紙を張り、展覧会のためでもなく、テーマも決めずに、与えられた賜物である感性によって描いた」のが、「Golden Sea」だという。

「非常に軽いので、アクセサリーのように携帯して、気軽に開いていただければ」と同協会は勧めている。『新共同訳 新約聖書 フリップバック装』は、日本聖書協会の直営オンラインショップ他、全国のキリスト教書店で購入できる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース