「ヘボンさんと日本の開化」 NHKラジオで30日から放送

2014年9月29日18時36分 記者 : 行本尚史 印刷
+「ヘボンさんと日本の開化」 NHKラジオで30日から放送
「ヘボンさんと日本の開化」のテキスト

米国から宣教医として来日し、ヘボン式ローマ字を発明したことで知られるヘボン博士(1815〜1911)が明治の文明開化を推進した足跡をたどろうと、NHKラジオ第2のカルチャーラジオ「歴史再発見」で、「ヘボンさんと日本の開化」が、今月30日から12月まで放送される。毎週火曜日午後8時半から同9時までの放送で、再放送は翌週火曜日午前10時から同10時半まで。NHKネットラジオ「らじる★らじる」でも聴けるという。

講師は、明治学院大学の前学長および前院長で同経済学部の大西晴樹教授。テキストはNHK出版から今月25日に税込977円で発売されている。

大西教授はテキストの中で、武士町人の分け隔てなく無償で医療を施したヘボン博士について、「ヘボンさんでも草津の湯でも、恋の病は治りゃせまい」と俗謡で歌われるほど庶民に慕われていたと紹介。「ヘボンさんと日本の開化」という題も、「学位」目線や「聖人」目線ではなく、「庶民」目線から付けたと説明している。最新の研究成果を交えつつ、「ヘボンの栄光のみならず、人間としての苦悩をも包み隠さず紹介していくようにしたい」と言う。

なお、NHK文化センター青山教室(東京都港区)では、大西教授を講師に、「歴史再発見『ヘボンさんと日本の開化』~明治日本を拓いた宣教師」と題する講座が、8月28日から10月9日まで6回にわたって開かれている。

ヘボン博士(ジェイムズ・カーティス・ヘップバーン)は、1815年米ペンシルバニア州生まれ。プリンストン大学を卒業後、医学の道を志してペンシルバニア州立大学で学び、1840年に妻クララと結婚。マラリアなどのために中国のアモイでの伝道を断念したが、1846年にニューヨークへ帰り、医療活動を開始。1859年に来日し、神奈川で医療活動を行い、横浜でヘボン塾を始めて教育活動を本格化した。

その後、同博士は1867年に日本で最初の本格的な和英・英和辞書を出版し、それを編纂したときにヘボン式ローマ字表記法を考案した。1875年にバラ夫妻にヘボン塾を委ねた後、1877年に東京・築地に設立された東京一致神学校、ヘボン塾の後身である東京一致英和学校と、その予備科を前身とする英和予備校との合同で、1886年に明治学院が設立された。

ヘボン博士は1892年に米国へ帰国し、1911年に同国ニュージャージー州でその生涯を終えた。

■ NHKラジオ第2「ヘボンさんと日本の開化」
放送日:火曜日 午後8時半〜9時
再放送日:翌週火曜日 午前10時〜10時半
放送期間:2014年9月30日〜12月23日(再放送12月30日)

NHKの「ヘボンさんと日本の開化」番組紹介ページ
「ヘボンさんと日本の開化」テキスト(NHK出版)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース