脱原発ネットワーク発足へ、9月に説明会を開催 日本カトリック正義と平和協議会

2014年6月19日17時29分 記者 : 行本尚史 印刷
+脱原発ネットワーク発足へ、9月に説明会を開催 日本カトリック正義と平和協議会
第38回日本カトリック正義と平和協議会2014福岡大会のチラシ

日本カトリック正義と平和協議会はこのほど、脱原発ネットワークを発足させることを発表した。これについて、同協議会は、カテドラル大名町教会(福岡市)で9月13日から3日間にわたって行われる正義と平和全国集会福岡大会の脱原発ネットワークミーティングで説明会を開催する。

説明会の概要は、1)正義と平和カトリック脱原発ネットワークについて、2)各地での脱原発活動についての情報交換と交流、3)トーク、福島被災と脱原発となっている、の3つ。3)の登壇者は決定次第発表される。

また、このネットワークの目的には、各地で脱原発の活動を実際にしているカトリック信徒相互の連携、脱原発に関する情報発信、各地での再稼働反対、建設反対のための結集へのカトリック教会としての組織的な参加、署名活動への組織的な協力、福島被災者への協力、教会への脱原発についての提言などが含まれている。

ネットワークの進め方について、同協議会は、「ネットワークは、a. 各地で地元の脱原発活動に参加する連絡委員(委員は原則として無償)、b. ネットワークから情報を受け取る会員、c. 事務局で構成する」と説明している。

また同ネットワークは、年に1回の総会(活動方針と公開シンポジウム)を開催し、年に数回のニュースレターを発信する。また、活動費は会員からのカンパ、および正義と平和協議会からの支援によってまかなうという。

「正義と平和全国集会福岡大会に参加を予定されている方で、脱原発にご関心のある方は、ぜひご出席をお願いいたします。まだ福岡大会について検討中の方も、福岡大会原発ネットワークミーティングへのご出席を視野に、あらためてご検討をお願いいたします」と同協議会は呼び掛けている。

福岡大会についての詳細は、同協議会のウェブサイトで。

日本のカトリック教会では2011年秋に日本カトリック司教団が脱原発メッセージを発表。同協議会も昨年秋からこのネットワーク立ち上げのための準備を進め、今年1月にはネットワーク発足に先立ちアンケートも行っていた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース