胸ポケットの聖書が銃弾2発止める 不良少年に襲われたバス運転手が命拾い

2014年2月26日20時44分 印刷
+胸ポケットの聖書が銃弾2発止める 不良少年に襲われたバス運転手が命拾い

胸ポケットに入れた聖書が銃弾を止め、バスの運転手が一命を取り留めた。

CNNなどの報道によると、米オハイオ州で24日、バス運転手のリッキー・ワゴナーさん(49)が、車両の不具合のためバスを止めて車外に出たところ、10代の少年3人に襲われた。ワゴナーさんは、至近距離から銃弾3発を受けた。内2発は胸部に向けて発射されたが、胸ポケットに入れていた新約聖書がそれを食い止めた。

ワゴナーさんは「最初は(銃弾が)貫通したかと思った。まるでハンマーで胸を叩かれたような衝撃を感じた」と明かしている。

銃弾2発を胸に受けた後、持ちこたえたワゴナーさんは銃を奪おうと少年らと取っ組み合いになり、その間に銃弾1発がワゴナーさんの脚に向けて発射され命中。少年はナイフも持っており、ワゴナーさんに斬りつけてきた。ワゴナーさんは持っていたペンを少年の脚を刺すなど反抗し、少年らは銃とナイフを落として逃走した。

ワゴナーさんによると、襲われた際、少年の1人が「あのシロクマを殺さないと仲間には入れない」などと話しており、少年らはギャング団の通過儀礼としてワゴナーさんを襲ったと見られている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース