WEA、米メガチャーチ創設者アイザック・ハンター牧師の自殺で哀悼のメッセージ

2013年12月15日07時35分 印刷
+WEA、米メガチャーチ創設者アイザック・ハンター牧師の自殺で哀悼のメッセージ
10日に自殺した「サミット・チャーチ」(米フロリダ州)の元牧師で創設者であるアイザック・ハンター氏

世界福音同盟(WEA)は、今月10日に自殺した米フロリダ州にあるメガチャーチ「サミット・チャーチ」の元牧師で創設者であるアイザック・ハンター氏(36)への哀悼のメッセージを寄せた。

アイザック・ハンター氏は、同州のノースランド・チャーチで主任牧師を務めるジョエル・ハンター氏の息子で、ジョエル氏はWEAの北米協議会のメンバーでもある。

WEAのジェフ・タニクリフ代表はアイザック氏の死去を受け、「ジョエル・ハンター氏は、北米協議会の長年にわたるメンバーであるだけではなく、個人的なアドバイザーであり、また親愛なる友人であもる。今日、私は彼らの息子アイザック氏の死を嘆く数千人の人々の中の1人だ」と、アイザック氏の死を嘆いた。

また、「(アイザック氏の死はジョエル氏の家族にとって)脳癌のため5歳で亡くなった彼らの孫娘アバちゃんの死から3年しか経っていない中での喪失だ。ジョエルと(ジョエル氏の妻)ベッキー、またハンター家全体のために祈りをお願いしたい」と続けた。

タニクリフ代表はまた、「イザヤ書43章2節の『あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない』という約束を、ハンター家が経験することができるように、というのが私の個人的なハンター家に対する祈りでもある」と、アイザック氏を失ったハンター家が御言葉からの慰めを受けられるよう願いを寄せた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース