パキスタン北西部の教会で自爆テロ78人死亡

2013年9月24日16時52分 印刷
 【CJC=東京】パキスタン北西部ペシャワルの「全聖人教会」で9月22日、自爆テロがあった。教会にはミサのため信者約350人が集まっていた。自爆犯2人が、警備員に発砲、130年の歴史ある全聖人教会に押し入り上着の爆弾を破裂させたと見られる。

 イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動」(TTP)の一派が、米軍による無人機攻撃への報復だと犯行を認めた。女性や子どもを含む78人が死亡、AP通信によると100人以上が負傷した。

 パキスタンではナワーズ・シャリフ政権がイスラム過激派との和平交渉を模索する中、当局などを狙ったテロが頻発しているが、今回の攻撃の死傷者は最大規模。シャリフ首相は同日、テロを非難する声明を出した。

 パキスタンでは少数派キリスト者への抑圧が厳しく、2009年にイスラム教徒の暴徒が住居40戸と教会1カ所を焼き討ち、11年にはキリスト者の閣僚シャバズ・バッティ氏が、差別的な冒とく法に反対して暗殺された。爆薬やマシンガンによる攻撃もしばしば発生している。



関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース