「中国がキリスト者最大国に」と米神学者

2012年12月11日09時24分 印刷
 【CJC=東京】今後20年で、中国がキリスト者人口の最大国になる、と米国の神学者ハーヴイ・コックス氏が、ローマの教皇庁立グレゴリアン大学の宣教学部設立80周年記念会の席上指摘した。

 現在見られる状況の一つは、キリスト教をもはや「西側の」宗教と見なせなくなったこと、もう一つは、キリスト者が急増している国にキリスト教文化や伝統が存在していないことだ、と言う。

 指摘は、記念会で行われた、「世界宗教とのカトリックの関わり=編集者2人との対話」というプログラムの中でのこと。米オービス・ブックス刊行の同名の書籍を紹介する企画で、「これまで、現在の立ち位置、そして今後の方向を決めるのに図りしれない役割を果たす」とコックス氏は同書を推薦した。

 コックス氏は、日本でも『世俗都市』(新教出版社)などの著作で知られる。また創価学会の池田大作氏との対話は『二十一世紀の平和と宗教を語る』(潮出版社)として刊行されている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース