エジプトのコプト正教会、タワドロス主教を新教皇に

2012年11月6日10時38分 印刷

【CJC=東京】エジプトのコプト正教会は首都カイロの聖マルコ大聖堂で11月4日、第118代教皇(アレクサンドリア総主教)にタワドロス主教(60)を選出した。今年3月に死去した教皇シェヌーダ3世の後任となる。新教皇の選出は1971年以来41年ぶり。

人口約8250万人のイスラム教国エジプトで、コプト教徒は10%弱の少数派。イスラム主義を徹底弾圧したホスニ・ムバラク前政権とはシェヌーダ3世が一定の良好関係を維持していた。昨年2月、民主化要求運動「アラブの春」で政権が倒れ、イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」出身のムハンマド・モルシ大統領率いる政権が誕生してからは、コプト教徒と多数派イスラム教徒の摩擦が激しくなっており、新教皇にとっては宗教間の融和や信徒の統率が課題になる。

シュヌーダ3世の後任を選出する評議会は10月29日、聖マルコ大聖堂で開催された。パコミオス教皇代行が明らかにした所では、聖職者、共同体指導者、有力者など約2400人が出席、候補者5人に対して投票した結果、前教皇の補佐役を務めていたラファエル主教(54)、教皇代行を補佐していたタワドロス主教、アレキサンドリア近郊の修道院のラファエル・アヴァ・ミナ司祭(70)の3人を最終候補とした。

候補者はまず17人が選ばれ、その中から聖職者によって5人に絞られたもの。

最終の選定は、候補者3人の名前を書いた紙を箱の中に入れ、信徒から選ばれた少年が目隠しをして1枚を選び出した。選出に神の意思を反映させるためという。

タワドロス新教皇は1952年11月4日生まれ。1975年にアレクサンドリア大を卒業、薬学士。83年、アレクサンドリア聖職大学卒、神学士。88年7月31日剃髪、89年12月23日修道司祭叙階、97年6月15日主教任命。

コプト正教会は東方諸教会の一つ。非カルケドン派とされている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース