同性愛者の宗教婚認めるか スウェーデン国教会

2007年7月2日10時58分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

 スウェーデンでは08年1月の婚姻法改定で、同性カップルの挙式を同国の国教会である福音ルーテル教会で行うことが可能になる可能性が出てきた。





 同国では既に、同性カップルにも一般の夫婦と同様の法的立場を認める「民事婚」の法律が95年より施行されている。





 国民の9割を教徒として抱えるスウェーデン福音ルーテル教会は同性婚の挙式に対する見解について、「正式報告は現在検討中」としながらも、教職の中にはすでに同性カップルの結婚を支持する者も出てきた。今回の法改定に伴い、教会側が教会での結婚式実施を正式に認めれば、キリスト教会からの国際的な非難の声はこれまで以上に高まることが予想される。





 教会側はこれまでにも、同性愛者間の結合を祝福する式典実施を認めるなど、同性愛に対して肯定的な立場をとってきた。05年にはロシア正教会から関係遮断の通知を受けるなど、キリスト教会からの強い非難を浴びている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング