2011年キリスト教10大ニュース、世界キリスト教情報が選定

2012年1月4日09時03分 印刷

2011年キリスト教10大ニュースを「世界キリスト教情報」が選定した。

☆伊アッシジで世界各宗教指導者会議開催
☆カトリックへ英国国教会(聖公会)から転会始まる
☆教皇ヨハネ・パウロ2世の列福式、バチカンに大群衆
☆バチカン・WCC・WEAが「改宗」問題で共通指針
☆離婚者を「真理と慈愛で」受け止める、とバチカン高官
☆米長老教会(PCUSA)が同性愛教職を容認
☆米UCCが教憲から「天におられる父」表記外す
☆エジプトで少数派コプト教徒への抑圧激化
☆英YWCAなどキリスト教団体が宗教色消す名称に変更
☆東日本大震災に世界のキリスト教会が素早く救援

2010年の10大ニュースは次のようなものだった。

☆中国政府、カトリック教会にバチカンの影響排除する姿勢強化
☆『新求道共同体』の活動一時停止訴えた日本司教団に教皇難色
☆聖職者の児童性的虐待が各国の教会で相次ぎ発覚
☆女性聖職や公然同性愛者聖職認否で各派に分裂の動き
☆日本キリスト教協議会総幹事の長期不在など各派指導層人事に波乱
☆未受洗者の聖餐参加めぐり国内各派で対立深刻化
☆キリスト教系を名乗るカルト集団の活動活発に
☆日本聖書協会などが新たな聖書訳出計画発表
☆環境悪化の中でキリスト教学校教育同盟100周年
☆聖公会京都教区で聖職者が同僚から「暴行傷害」受けた、と被害届
(CJC)

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース