横須賀教会(日本キリスト教会)

渡辺信夫氏講演会(4):戦争で一番苦しむ人々を忘れてはいけない

渡辺氏は講演後、このような意味のない死を意義付けることは「欺瞞だと思う」と、本紙に語った。また、それは靖国神社の問題にも関わることなのかという本紙の問いに「そうだ」と答え、沖縄の戦没者慰霊にも関わることだと語った。

2014年07月02日16時47分

渡辺信夫氏講演会(3):沖縄での経験、目の前で死んでいった15歳の少年兵

それから、渡辺氏は、戦時中に沖縄でいろいろ見て考えたことについて、また、実際に戦争の中で一人の人が死んでいくその時に、どういう死に方をするのか、周囲の人たちがそれをどういうふうに見守っていたかについて語った。

2014年07月02日16時46分

渡辺信夫氏講演会(2):自分をだまし、意味のない死を意味ある死にしてきた

渡辺氏は戦時中に訓練を経て二等水兵になった時に、認識票というものをもらった。横須賀の徴兵として水兵に入った者ということで、認識票には「横」「徴」「水」と記され、その後に数字が並んでいた。

2014年07月02日16時43分

渡辺信夫氏講演会(1):私はどうして戦争反対のために生きるのか

渡辺信夫氏講演会(1):私はどうして戦争反対のために生きるのか

日本キリスト教会東京告白教会前牧師の渡辺信夫氏(91)は、「私はどうして戦争反対のために生きるのか」と題して講演し、「意味のない死がないようにすることを生き残った者らが誓う以外に、戦争で死ぬ人の死を意義づけることはできない」と強調した。

2014年07月02日16時28分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース