ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
佐々木宏人 佐々木宏人 (ささき・ひろと)  

1941年、北海道釧路市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞社入社。甲府支局長時代に戸田帯刀神父射殺事件を知る。経済部長、広告局長を経て中部本社代表を歴任。カトリック荻窪教会所属、関東学院大学キリスト教と文化研究所客員研究員。ジャーナリストとして、戸田神父の事件を8年にわたり取材し、カトリック誌「福音と社会」で連載。それをまとめた『封印された殉教』(上巻:8月15日刊、下巻:9月中旬刊〔予定〕、フリープレス社)を出版。

記事一覧

73年目の戸田帯刀神父射殺事件を考える―「赦すこと」と「赦せないこと」 ジャーナリスト・佐々木宏人

73年目の戸田帯刀神父射殺事件を考える―「赦すこと」と「赦せないこと」 ジャーナリスト・佐々木宏人

「2・26事件は、私にとって赦(ゆる)しの対象から外れています」。昭和史研究家で有名な保阪正康氏の最新のベストセラー『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)に出てくるシスター渡辺和子の発言だ。

2018年08月15日7時23分

佐々木宏人

「平和」があってこその「信教の自由」―戸田帯刀・横浜教区長暗殺70周年に思う ジャーナリスト・佐々木宏人

海外にまで派兵しようという、戦後70年のタブーを破る動きが出てきている。今、私たちが享受している「信仰の自由」は、「平和」があるからこそ確保されている。そのことを「平和の使徒」戸田帯刀師の非業の死は、教えてくれているのではないだろうか。

2015年08月15日11時00分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース