リック・ウォレン氏、米国の大ヒット映画「The Way」を推奨

2011年10月13日14時53分 印刷
+サドルバック教会牧師のリック・ウォレン氏(写真提供:クリスチャンポスト)
 俳優マーティン・シーンは現在、米国のどこの映画館でも毎週金曜日に上映されているインスピレーション映画「The Way」の巡業に出掛けた。

 米国のメガチャーチであるサドルバック教会牧師のリック・ウォレン氏は同作品について、「上品でありつつ、力強さももっている」と語り、家族や友人との人生についてインスピレーションを与えるストーリーとして推奨している。

 主演のシーンは、父親が仲違いしたまま亡くなった息子の体をかき集めるための、フランスからスペインまで通る「サンチャゴ巡礼路」への旅行に付いてきた。

 キリスト教の巡礼路ではシーンのキャラクターが引き出されており、トム・アヴェリーは巡礼の道に息子の遺骨を撒いて旅することを決意する。アヴェリーの巡礼は彼の亡くなった息子についての輝かしい真実をもたらし、息子役のエミリオ・エステベスも演出に加わった。

 実生活の場面でシーンは、もう一人の乱暴者の息子チャーリーと父親役の両方を演じている。チャーリーの場面では最近の家族の崩壊を表現しており、NBCのコメディドラマ「Two and a Half Men」で見せる彼の演技を彷彿とさせる。

 エステベスは「The Way」が生まれるまでについて議論し、「より少ない宗教や信仰、より多くの霊性や生。これは人間的なものだ。インターネット上では『非常に宗教的だ』などと非難されているが、何とも侮辱的だ」と語った。

 エステベスは兄弟のチャーリーについて、「彼が2、3週間前にカリフォルニアの上映会に訪れて、レッドカーペットの上を歩いていた時には本当にびっくりした。彼に会えたことが何よりも素晴らしかった」と述べた。

 「人生を選択せず、一つの人生を生きるんだ」―強烈な印象を与える映画の予告編は、父と息子がともに癒やされるという理解し難い崇高な真実を明かしている。

 映画「The Way」のサウンドトラックは多くの俳優の中でもジェームス・テイラー、タイラー・ベイテス、デイビッド・グレイ、アラニス・モリセットが主演を務めており、iTuneでも視聴できる。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース