VIP北浜第3期「父の学校」開講 大阪

2006年3月10日17時19分 印刷

 様々な社会問題の根本にあるといわれる「家庭崩壊」。家庭における「父」の存在を聖書から問い直し、美しい家庭への回復を求める運動「父の学校」が2月18日から、大阪・北浜のVIP関西センターで毎週土曜日に行われている。今月4日には第三回目の講座が開かれ、主催の「関西父の学校運動本部」会長を務める上田利昭さん(株式会社チュチュアンナ代表取締役社長)が「父親の使命」と題して講演した。


 「父の学校」は1995年に韓国で始まり、すでに世界27カ国、61箇所で開かれている。日本でも東京と大阪を中心に開講しており、今回が日本で第7期目、VIP関西センターでは第3期目となる。国内で初めての講座が開かれたのは、大阪市内にある大阪オンヌリ・キリスト教会(李泳善牧師)。そこで大きな感動を受けた信徒たち数名が中心となって日本での活動を開始した。日本ツラノ書院、インターナショナルVIPクラブが後援している。


 今期奉仕者の統括チーム長を務める梅津善一さんは、「奉仕者がだいぶ整えられてきた」と日本での運動が定着しつつあることを話し、「(受講すると)毎回感動がある」「実践的運動だから、実際の生活に直結する働き。受講者の間でも実際に家族関係が良くなるなどよい効果が現れている」と活動の成果を語った。


 次回3月11日には第4回目の講座が開かれ、大阪オンヌリ・キリスト教会の李泳善牧師が講演する。会場はVIP関西センター8階。連絡先は関西父の学校運動本部(電話:06・6232・1185)。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース