宗教信じない75% 神仏すがりたい54% 読売新聞が世論調査

2005年9月2日07時20分 印刷

読売新聞は2日、8月6、7日に行った「宗教」に関する全国世論調査の結果を発表した。同紙によると、何か宗教を信じているかの問いには、信じていないが75%と、信じている23%を大きく上回った一方、神や仏にすがりたいと思ったことがあるとの問いには54%があると答え、ないと答えた44%を上回っている。宗教を信じていないと答えた人でも、47%があると答えている。

また、75%が宗教を信じないと答えているにもかかわらず、ふだん神社や寺、教会などに行くと答えた人は81%と日本人の宗教観を見ることができる。

幸せな生活を送るうえで宗教を大切に思うかの問いには、大切に思う35%に対し、思わないが60%と、思わないが大きく上回る。宗教団体の悪いイメージについては、どういう活動をしているのかわからない(48%)、人の不安をあおるなど強引な布教をする(45%)、高額のお布施や寄付を集めている(45%)の順につづき、尊敬できる宗教が少ないも23%あった。

同調査は同紙が79年より行っており、今回が9回目。個別面接方式で行われ、有効回収数は1798人だった。79年の調査では、34%が宗教を信じていると答えていた。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース