日本初の慰安婦資料館、キリスト教会館で開館

2005年8月3日08時27分 印刷
関連タグ:慰安婦

今月1日、戦時下での性暴力に関する被害と加害の資料を集めたアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(西野留美子館長)が、東京都新宿区の日本キリスト教会館内でオープンした。従軍慰安婦の資料を集めたものとしては日本で初の専門資料館。

同資料館は、NPO法人「女たちの戦争と平和人権基金」(東海林路得子理事長)が運営。「ジェンダー正義の視点で戦時性暴力に焦点をあてる」「ひとりひとりの被害と同時に、加害責任を明確にした資料の収集・展示を行う」「平和と非暴力の未来を実現するための、活動の拠点にする」「国家権力とは無縁の民衆運動としてつくる」「国境を越えた連帯活動を進める」ことの5つを基本理念としている。

同資料館では、年に2、3回企画展を計画しながら散在している資料をテーマ別に収集・整理し、順次公開していく予定。現在は第一回特別展として「女性国際戦犯法廷のすべて」が開催されており、2000年に開催された「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」の資料や、8か国のの被害者と加害兵士の証言、専門家の証言、天皇・軍部・日本政府の責任に関する展示、慰安所マップ、被害女性のポートレポートなどが展示されている。同特別展は11月20日まで。また、8月の毎週土曜日には、大学教授など専門家による講演会がある。

開館時間は午前11時から午後6時まで。金曜日は午後9時まで開館している。休館日は月、火曜日。

同資料館に関する詳しい情報やイベント情報は公式ホームページまで。(http://www.wam-peace.org/)

関連タグ:慰安婦

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース