グローバル・リーダーシップ・サミット2009、11月に東京でも開催

2009年9月11日23時42分 印刷
+米ウィロー・クリーク・コミュニティー教会のビル・ハイベルズ主任牧師
米ウィロー・クリーク・コミュニティー教会のビル・ハイベルズ主任牧師

米ウィロークリーク・コミュニティー教会(ビル・ハイベルズ牧師)がスポンサーとなり、全世界55カ国以上で開催されているリーダー養成企画「グローバル・リーダーシップ・サミット」が11月2日と3日の2日間、東京で開催される。日本での開催は今回で2回目。世界的に有名なロックバンドU2のボーカリストであるボノ氏など、一流の講師陣が大型スクリーンによる臨場感あふれる映像で登場する。

この企画は、ビル・ハイベルズ氏と同教会の指導者たちが教会のリーダーシップを強め、励ますことを目的に95年から始めたもの。同教会は、オバマ米大統領の就任式で祈祷したリック・ウォレン牧師の牧会するサドルバック教会などと並び、米国で最も成長している教会の一つ。教会員数はすでに2万人を越え、ウィロークリーク協会を通して世界中の何千もの教会とネットワークを結んでいる。

昨年8月に同教会で開催されたサミットには6000人以上が来場し、全世界で同時中継された講義を5万人以上が聴講。日本では昨年11月、東京都練馬区の東京聖書キリスト教会を会場に初めて開催され、好評を得た。

今年の講師陣には、ビル・ハイベルズ氏やボノ氏をはじめ、国際人権団体「インターナショナル・ジャスティス・ミッション」の創立者であり現理事長のゲリー・ホウゲン氏、米国で最も影響力のある教会の一つ米リディーマー長老教会創立牧師のティム・ケラー氏、刑務所内企業家プログラムの創立者であり現CEOのキャサリン・ロー氏、米国で最も進取の気性に富む教会の一つニューソング教会創立牧師のデエィブ・ギボンズ氏、米国最大規模の教会の一つライフチャーチTV創立牧師のクレイグ・グロシェル氏など世界トップクラスの指導者たちが名を連ねている。

9月30日までに参加を申し込むと早割りが適用され、14000円の参加費が11000円に。また、同日までに5人以上の団体で申し込むと、1人あたりの参加費が9000円とさらにお得になる。参加希望者は、電話(045・894・3311)、ファックス(045・894・2121)、郵送(〒 244-0842横浜市栄区飯島町2441-10本郷台キリスト教会)、Eメール(gls@willowcreek.jp)などで申し込む。同ホームページから専用の申込用紙がダウンロードできる。問い合わせは、グローバル・リーダーシップ・サミット・ジャパン事務局(電話:045・894・3311、ファックス:045・894・2121、Eメール:gls@willowcreek.jp)。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース