第2期日本伝道協議会、第2回地方大会を大阪で開催へ

2009年8月24日10時10分 印刷

東京神学大学(東京都三鷹市、近藤勝彦学長)が主催する日本伝道協議会の第2回目となる地方大会が10月11〜12日まで、大阪市西区の日本基督教団大阪教会で開催される。11日には同大学の関川泰寛教授(古代教会史・教理史)による公開講演会が行われ、12日には大西邦彦牧師(同主座教会)ら3人による発題、分団協議、全体協議が行われる。

同協議会は東京の同銀座教会を会場に、06年まで計17回にわたって開催されてきた。しかし、地方での開催を求める声が高く、昨年から第二期日本伝道協議会がスタートし、その第1回目の地方大会が名古屋で開催された。第1回大会は「牧師(伝道者)をどう立てるか−教会をしっかり建てるために」を主題に行われ、早乙女哲自牧師(同名古屋教会)、大住雄一教授(同大・旧約聖書神学 )、芳賀力教授(同大・組織神学)らが発題した。

日本基督教団では1970年の大阪万博以来、教団紛争が激化し、聖礼典に関する混乱や、社会的な問題に対する偏重からくる伝道の停滞などが問題視され、教会の「正常化」が希求されてきた。同協議会はそれに応じるかたちで90年から始まり、「からだは一つ、洗礼は一つ」「合同教会としての日本基督教団−その法的基盤と教派的伝統」「伝道−合同教会としての教団形成」などを主題に協議を行ってきた。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース