ムスリムのための30日の祈り 22日からスタート

2009年8月14日18時21分 印刷

イスラムのラマダーン(断食月)の時期に合わせてムスリム(イスラム教徒)のために祈ろうと毎年発行されている祈りのガイドブック「ムスリムのための30日の祈り」が今年も完成した。今年のラマダーンは8月22日から9月20日。日本語版を発行するユース・ウィズ・ア・ミッション(YWAM)アジアンセンター大阪では、ガイドブックを希望者に無料配布し、期間中の祈りへの参加を呼びかけている。

日本語版の発行は今回で14回目。祈りの運動は92年に中東のクリスチャンの呼びかけで始まり、ガイドブックは約40もの言語に翻訳されている。今回は特に、イスラム教の預言者ムハンマドの家系図を取り上げ、その家族から名前をつけた人々のための祈りや、まだ福音を一度も聞いていないムスリム民族のための祈りに焦点を当てている。

関係者は、「(ガイドブックを通して)少しでも多くの方々がムスリムの置かれている状況を理解することが出来、とりなしを通してムスリムを愛することが出来ますようにと願っています」としている。

ガイドブックに関する詳しい問い合わせはアジアンセンター大阪ラマダン発行部(090・6734・2182)まで。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース