憎悪ぶつけあう英議会に英国国教会主教らが注意 共同声明を発表

2019年10月1日07時03分 印刷
+憎悪ぶつけあう英議会に英国国教会主教らが注意 共同声明を発表
英議会が議事堂として使用しているウェストミンスター宮殿(写真:Mike Gimelfarb)

【CJC】9月25日に再開された英議会は、欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、離脱派と残留派の「舌戦」がエスカレート。英国国教会の主教ら118人は27日、議員の言葉遣いを戒める異例の共同声明を出した。ロンドン発の毎日新聞報道の概要を紹介する。

最高裁判所がボリス・ジョンソン首相による議会一時閉会を違法と判断したことを受け、下院では最高裁判断について所感を述べるジョンソン氏に、最大野党・労働党の議員らから厳しいやじが飛んだ。

ジョンソン氏は野党などの「反ジョンソン勢力」が成立させた「離脱期限延期法」を「(EUへの)降伏法」などと批判して応酬。これに対し、ある労働党女性議員は「われわれの多くが殺害の脅しや嫌がらせに毎日さらされている。(有権者への)裏切りなどという首相の言葉にはうんざりだ」と怒りをぶちまけた。

警察の集計によると、英下院議員を標的とした脅迫や嫌がらせの通報が増加しており、2017年9月~18年8月の報告件数は242件で、前年同時期の111件から急増した。今年は7月時点で238件に達している。女性議員やマイノリティーの議員が特に攻撃対象となっている。

英国国教会トップのカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー氏は英紙タイムズに対し、問題解決を図るために「怒りを静める必要がある」と述べた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース