シティー・ハーベスト創設者コン・ヒー牧師が復帰、教会資金流用で2年4月服役

2019年8月30日16時23分 印刷
+シティー・ハーベスト創設者コン・ヒー牧師が復帰、教会資金流用で2年4月の服役終え
シティー・ハーベスト・チャーチ(CHC)付属の聖書学校の卒業礼拝に出席するコン・ヒー牧師=
2016年9月(写真:コン氏のフェイスブックより)

巨額の教会資金を流用したとして、背任罪により収監されていたシンガポールのメガチャーチ「シティー・ハーベスト・チャーチ」(CHC)のコン・ヒー主任牧師(55)が22日、2年4月の服役を終えて出所した。24日にはCHCの礼拝に参加し、謝罪するとともに、これまで支えてくれた教会員に感謝の意を示した。

シンガポール最大手のストレーツ・タイムズ紙(英語)によると、事件ではコン氏を含む計6人の教会幹部が有罪判決を受けた。コン氏らは、教会の会堂資金から2400万シンガポールドル(約18億3千万円)を、音楽制作会社「エクストロン」などへの架空の投資に回し、さらにその隠蔽(いんぺい)のために2600万シンガポールドル(約19億8千万円)を流用したとされている。

これらの資金は、エクストロン社を通して、コン氏の妻でポップ歌手でもあるスン・ホー牧師(47)の音楽活動のために使われていた。コン氏らは、エクストロン社への投資は正当なものだったと主張したが、判決は、損失が出ることを知りながら同社に投資したことは、背任罪に当たるとした。

コン氏ら6人は2015年の第1審で、禁錮1年9月~8年を命じられたが、最終的には禁錮1年6月~3年6月に減刑。コン氏が最長の禁錮3年6月で、すでに他の4人も釈放されている。一方、教会の元資金管理者であったチュウ・エン・ハン氏(58)=禁錮3年4月=は昨年2月、収監前にボートで国外へ逃亡を図ったとして逮捕された。これにより刑期が1年1月追加され、現在も服役している。シンガポールのテレビ局「CNA」(英語)によると、同国では刑期短縮制度により、刑期の3分の2程度の服役で出所する人が多いという。そのため、コン氏も2年4月の服役で釈放された。

コン氏は収監前とは打って変わり、頭全体が白髪になった姿を見せたが、CHC系列のニュースサイト(英語)には妻のコン氏と共に笑顔で登場。出所翌日の23日には55歳の誕生日を迎え、24日には出所後初めてCHCの礼拝に参加した。CNA(英語)によると、ホー氏と共に登場したコン氏はステージに上り、「起こってしまったすべてのことについて、本当に申し訳なく思っている」と謝罪。2010年5月に捜査が始まって以来、9年以上にわたって支え続けてくれた教会員に感謝の思いを伝えた。

CHCのホームページに掲載したメッセージ(英語)では、「この数年間は、私にとって、また巻き込んでしまった皆さんにとって、非常に困難で苦痛の時でした。しかし、この数年間は本当に貴重な期間でもありました。今まで以上に、神様、家族、友人、そして教会を愛し、感謝することを学びました」とコメント。「皆さんが諦めなかったことに感謝しています。教会の指導者たちと共に、この教会を建て直すため残ってくれていることに感謝します。私は永遠に皆さんに借りのある者です」と語った。

コン氏は、当面は家族との時間を優先する考えだが、「皆さんとの友情が再び始まることも楽しみにしています」と述べ、今後の教会活動に意欲を示した。

CHCは、コン氏とホー氏が1989年に創設したシンガポール最大のメガチャーチの一つ。最盛期の教会員数は約2万8千人に上ったが、事件の影響で現在は約1万6千人まで減少した。昨年集まった献金額は2900万シンガポールドル(22億1千万円)で、前年に比べ約40パーセント減っている。しかし、依然として国内の団体としては、国立大学などと並び寄付金額でトップ10に入っている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース