「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

2019年6月12日17時36分 執筆者 : 坂本道子 印刷
+「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ
沖縄の伝統工芸「紅型(びんがた)」の魅力を語る田口恵さん。作品は、琉球王朝で王族のみに使用が許されていた黄色を背景に、ボタンとオナガドリの古典柄をあしらったもの。

造形作家の田口恵さん(峰町キリスト教会=宇都宮市峰=会員)が6月14日~21日、同市中央の「街のギャラリー・ファミーユ」で、沖縄の伝統工芸「紅型(びんがた)」の作品展「こてんとこてんがら展」を開催する。聖書の言葉をあしらった作品など約20点ほか、紅型の制作で用いる道具なども展示する。

田口さんは広島市立大学芸術学部で彫刻を学び、卒業後も横浜の芸術家養成校や近畿大学附属のアートスクールで研さんを積んだ。結婚後、沖縄に約6年在住。その間、人生を大きく変える出会いがあった。それが、沖縄の伝統工芸「紅型」と「バイブル」との出会いだった。

「紅型の体験教室に義母の誘いで参加したのが、紅型との出会いです。義母は途中でやめましたが、私は紅型を作る楽しさにどんどんはまっていったのです」

田口さんは、沖縄中部の金武町(きんちょう)にある「前田紅型工房」で、型作り、配色、道具の使い方などを学んだ。学生時代に彫刻を専攻していた田口さんは、紅型の数ある工程の中で、特に「型彫り」が好きだという。「彫ったり削ったりする作業を長くしていたので、型彫りの細かい作業は苦になりません」。型を彫るための「シーグ」と呼ばれる小刀は、近所のオジイに作ってもらった。

戦後の何もない沖縄で、手に入る物を道具に作り直すことで復興した紅型。沖縄の古くからある工房では、今でも米軍のパラシュートや薬莢(やっきょう)から作った道具を使用しているという。型を彫るシーグも市販されているわけではなく、多くの紅型作家が手作りのシーグで型を彫っている。

「そのシーグがどうしても欲しくて、近くに住んでいたオジイに相談したら、『こんなもん、昔から自分たちで作って遊んでいたさー』と、その場でノコギリの刃を加工して、あっという間に作ってくれました」。オジイ手作りのシーグは、大切に研ぎながら、感謝の気持ちを込めて使っている。

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ
型彫りしたボタンと聖書の言葉。下にあるのがシーグ。

在沖当時、長女の通う教会附属保育園の学童保育に携わっていた。「子どもたちに、園のマークが付いた紅型を持たせて卒園させてあげたい」という気持ちが自然に湧いてきて、卒園制作には紅型を体験させることにした。

そんな時、子どもが通う保育園を通して出会ったのが「バイブル(聖書)」であった。しかし、沖縄の伝統工芸である紅型には、聖書の言葉が書かれたものがないことに気付いた。「それなら自分で作ればいい」と思い立ち、園長と牧師に「うちなーぐち(琉球語)」の「主の祈り」を教えてもらいながら、紅型の古典柄に合わせて作品にした。

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ
うちなーぐちの主の祈りをあしらった作品と

保育園を併設するその教会には、うちなーぐちの主の祈りが入った紅型の作品を贈ることもできた。「自分では、とても満足とはいえない作品でしたが、大変喜んでいただきうれしかったです。牧師さんの紹介で水俣の教会からも注文をいただきました」

今回の作品展では、作品と共に、型彫りした型紙やシーグなども展示する予定だ。

「訪れる人たちに、紅型が出来上がるまでの工程も知っていただき、紅型により興味を持っていただければと思っています。紅型はとても奥が深く、私の腕はまだまだ未熟ですので、教えてくださった先生には恥ずかしいくらいですが」

しかし、型は細部にわたってしっかりと彫られ、鮮やかな色彩で琉球王朝の古典柄が復元されている。聖書の言葉も一文字一文字、うちなーぐちやドイツ語などで語り掛けるように刻まれ、配置されている。

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ
うちなーぐちの賛美をあしらった作品

作品展では、「ルクジュウ」という豆腐からできた下敷きを型彫りに使用するなど、あまり知られていない紅型の作り方も聞ける予定である。

■ こてんとこてんがら展

期間: 6月14日(金)~21日(金)午前10時~午後5時
場所: 街のギャラリー・ファミーユ
宇都宮市中央3-10-11(電話:080・5541・8404)

※ 田口さんは、開催期間うち金、土、日曜日に在廊予定。

<田口恵さんプロフィール>

1978年生まれ。2011年広島市立大学芸術学部彫刻科卒業、03年芸術家養成校Bゼミ・ラーニングスクール修了、05年近畿大学附属四谷アートスクール修了。13年から絵画造形教室(幼稚園児、小学生対象)の指導の傍ら、幼児画の発達などに関する研修会講師を務める。指導生徒から受賞者多数輩出(琉球新報賞、日本香堂主催「ふるさとのお盆の思い出」絵画コンクールほか)。16年から沖縄・金武町の前田紅型工房で紅型の制作を学んでいる。

※ この文章は「ビオストピックス」No.23「造形作家 田口恵さん ―紅型作品展を宇都宮市で開催―」を編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」

ローレン・デイグル、ビルボードのキリスト教チャートで62週連続1位 ヒルソング超え歴代最長に

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」に見るこの世の不条理とその先にある希望の行方

「記憶にございません!」 人生はやり直せるのか?シニア世代にこそ響く福音の語り口を示唆する秀作コメディー!

映画「ロケットマン」が描き出すLGBTの未来、そして教会との整合可能性

「祈りのちから」のケンドリック兄弟最新作「オーバーカマー」が初週3位 2週で興収20億円超

日本初の女医、荻野吟子の半生描く「一粒の麦」完成 苦境にも神の言葉胸に生きた生涯

「パリに見出されたピアニスト」に見る自己肯定感の大切さ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース