「引退後は牧師になりたい」 ギタリストのカルロス・サンタナ

2008年10月7日01時26分 印刷
+カルロス・サンタナ

 現在米国ツアー中のメキシコ出身ギタリスト、カルロス・サンタナが3日、「引退後はハワイの教会で牧師になりたい」との考えをローリング・ストーン誌とのインタビューで明らかにした。ロイター通信が伝えた。



 同通信によると、サンタナは「67歳で演奏を止めて、本当にやりたいことをする。それは牧師になること。リトル・リチャードのようにね」と、人気絶頂期に引退し牧師となったロック歌手の名前を挙げ将来の夢を語った。「今やっていることにうんざりしている訳ではないが、ギター抜きでも人々とコミュニケーションできるという贈り物を神から与えられたことを発見した」と牧師になりたい理由を説明したという。



 サンタナは自らの名を冠したラテンロックバンド「サンタナ」を1960年代に結成し、現在も音楽活動を続けている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース