「ユダヤ人はどのようにして発明されたか」がベストセラーに

2008年6月3日20時37分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC=東京】 建国60周年のイスラエルで、テルアビブ大学シュロモ・サンド教授(61)の著作『ユダヤ人はどのようにして発明されたか=聖書からシオニズムまで』が、建国の原動力である「シオニズム運動」の根拠を否定するとあってかベストセラーになった。現地紙ハアレッツは3月21日、ヘブライ語の自著がイスラエルでどう受け止められるかサンド氏は悲観的だったと報じていた。アラビア語や英語、仏語、ロシア語にも訳される予定。



 著作では、今のユダヤ人の祖先は、北アフリカからのベルベル族、アラビア南部からのアラブ人、カザル帝国からのトルコ人などが4世紀から8世紀に掛けてユダヤ教に改宗した人々であり、古代ユダヤ人の子孫は実はイスラム教かキリスト教を受け入れたパレスチナ人だと主張している。



 サンド氏は「ユダヤ人は民族や人種ではなく、宗教だけが共通点」と指摘。イスラエル政府が標榜(ひょうぼう)する「ユダヤ人国家」には根拠がないと批判している。「パレスチナ人を含む全市民に平等な権利を与える民主国家を目指すべき」というのが著者の主張だ。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング