飢餓の危機に瀕するナイジェリア 行き場のない子どもたち

2016年8月2日10時23分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+飢餓の危機に瀕するナイジェリア 行き場のない子どもたち
イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」に夫を殺され、ナイジェリアのアダマワ州ヨーラにある聖テレサ・カトリック教会の難民キャンプに避難しているルース・ジャコブソンさん=2015年6月17日(写真:欧州委員会人道援助・市民保護総局=ECHO / Isabel Coello)

ナイジェリア北東部で、何十万人もの子どもたちが飢餓に直面している。イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」による残虐な行為によるものだ。現地の援助機関は、すぐに助けることができなければ、多くの子どもたちが死んでしまうと伝えている。

子どもたちの深刻な栄養失調は、ボコ・ハラムによる7年間に及ぶテロ行為の結果だ。この7年間で、2万人以上が殺害され、200万人以上が住む場所を失った。

状況は北東部のボルノ州で特に深刻で、隣接するアダマワ州やヨベ州でもこの危機の影響を受けている。

「今日、私たちの病院に来た男の子は、とても痩せていて、明らかな飢餓状態でした。男の子の両親は、私たちの難民キャンプには住んでいませんが、健康診断のためにここにこの子を連れて来ました」と、モーリス・クウェイラング神父は、アダマワ州ヨーラにある聖テレサ・カトリック教会の難民キャンプで、キリスト教系の迫害情報サイト「ワールド・ウォッチ・モニター」に語った。

「このような状況にある人たちが大勢います。彼らは、多数からなるコミュニティーの中に住んでいますが、栄養失調の状態にあり、そのほとんどが見過ごされています。人がたくさんいるのにもかかわらず、誰も彼らのケアをしていません。彼らは、自分の家や村に戻ることを拒否しています。なぜなら故郷に戻った人たちは今飢えているからです」

国連児童基金(ユニセフ)によると、ボルノ州だけで、25万人近くの子どもたちが過去にボコ・ハラムによる支配を受け、重度の栄養失調に苦しんでいる。また、ユニセフは、ナイジェリア軍がボコ・ハラムから取り返した多くの地域でも、人々が水や食糧、衛生面の欠如に直面していると伝えている。

国境なき医師団の6月の報告によると、ボルノ州バマにある避難民キャンプでは、病気や栄養失調のため、毎日6人ほどが命を落としており、そこでは450万の人々が人道支援を必要としていると推定されている。また、ヨベ州では320万人、アダマワ州では90万人に食糧が十分に行き届いていないと推定されている。

クウェイラング神父は、食糧が不足していることを警告し、さらなる援助を訴えた。「これまでのところ、私たちは彼らに3回の少量の食事やその他の物を提供することが可能でしたが、教会は限界に達しており、恐らく向こう4カ月間で食糧が底を尽いてしまいます。援助がない場合、私たちはこれらの人々に食糧を提供していくことはできません」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース