蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(15)空の鳥 ミュリエル・ハンソン

2016年7月15日15時31分 コラムニスト : ミュリエル・ハンソン 印刷

私たちの心は周りの環境に左右されませんか。私の場合は、小鳥のさえずる声を聞くだけで、気持ちが晴れやかになります。ですから、心の状態を測る温度計があれば、小鳥の声が聞こえないときより、心の温度は2、3度は上がるでしょう。空高く軽やかに飛ぶ鳥の姿は、私の心を引き上げてくれますから、心の温度も、さえずりを聞くときよりもさらに高くなるでしょう。

ふさぎ込んで飛んでいるコマドリがいるでしょうか。羽をだらりと下げたり、急降下し、それでも空から落ちないようにと必死にもがきながら飛んでいる鳥を見たことがありますか。どのような鳥にも言えますが、飛んでいる鳥を見ていると、「私も飛びたい」という気持ちにさせられますから、なんとも不思議なものです。

悠々(ゆうゆう)と羽ばたいている鳥について思い巡らして気付いたことですが、鳥という生き物も、やはり、他の生き物と同じように、危険にさらされて命をつないでいると言えるでしょう。食べる物といえども、他の鳥に任せるわけにはいきません。自ら探し求めます。着る物は、来る年も来る年も同じ衣装です。地に降り立って羽を休めると、ありとあらゆる敵の餌食になります。

たとえ、高い所にある自分の住み家にいても、仲間の攻撃を受けやすいのです。どこにいても、常に気の休まる時がありません。いつ危険が押し寄せてくるか予測ができない、不安定な自然界に身を任せて生きているのですから。

しかし、鳥が自分の巣を羽でおおう所はどこでも、本当の「わが家」になるのです。聖書の御言葉に、目を留めてみましょう。

「空の鳥を見なさい。種蒔(ま)きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです」(マタイ6:26)

天の父が鳥を養ってくださるのですね。それで、鳥はいつでも幸せそうに空を高く飛び交っているように、私たちの目には映るのでしょう。同時に、最後の御言葉も忘れないでください。

「あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか」(マタイ6:26)

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
ミュリエル・ハンソン著『蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ

蜜と塩

読んでみて!

一人でも多くの方に読んでいただきたいエッセイです。聖書を読んだ経験が有る、無しにかかわらず、著者ファミリーの普段着の生活から「私もそのような思い出がある」と、読者が親しみを抱くエッセイです。どなたが読んでも勉強になります。きっと人生の成長を経験するでしょう。視野の広がりは確実です。是非、読んでみてください。

一つは、神を信じている者が確信を持って生きる姿をやさしく、ごく当たり前のこととして示しているからです。著者は、日本宣教のため若き日に、情熱を燃やしながら来日しました。思わぬ事故のためにアメリカへ帰らなければなりませんでしたが、生涯を通して神への信頼は揺るぎませんでした。

もう一つは、日常の中に働いている聖霊のお導きの素晴らしさを悟ることができるからです。私たちの日常生活が神様のご意志のうちに在ると知ることは、安心と平安を与えるものです。

さらに、著者のキリスト者生活のエピソードを通じて、心が温まるものを感じます。私たちの信仰生活に慰めと励ましが与えられます。信仰が引き上げられて、成長を目指していく姿勢に変えられていく自分を発見するでしょう。

長く深く味わうために、急がずに、一日一章ずつでもゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか。お薦めいたします。

ハンソン夫妻の長い友  神学博士 堀内顕

ご注文は、全国のキリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

ミュリエル・ハンソン

ミュリエル・ハンソン(Muriel Hanson)

ミュリエル・ウエッスマン(Muriel Wessman)はミネソタ州出身、カルヴィン・ハンソン(Calvin Hanson)はカリフォルニア州出身。2人は、イリノイ州シカゴにある福音自由教会聖書学校で出会う。その後、ディヤーフィールド(Deerfield)郊外にあるトリニティー(Trinity)神学校で学ぶ。両氏はウィートン大学(Wheaton)で学び、ミネソタ大学(Minnesota)を卒業。1947年6月7日に結婚。

夫がミネアポリスで牧会に携わっていた時の1949年3月、2人はアメリカ福音自由教会から日本への初代宣教師としての召命を受け、遣わされることになる。

【ミュリエル・ハンソン著書】(Amazon)
【ミュリエル・ハンソン著書】(イーグレープ)

《 プロフィール詳細を表示 》 / 《 非表示 》

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース