牧師の小窓(31)福江等

2016年6月5日19時36分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

人間関係における信頼関係は、築き上げるのに何年もかかりますが、信頼関係を壊すのはたった一つの出来事でも壊れるときがあります。それだけ信頼関係を構築するということは難しいということでしょう。

今、日本と中国は微妙な関係にあります。数年前の尖閣諸島付近での漁船衝突事件によって、中国で反日デモが相次ぎました。日中の国民感情は「最悪」とも指摘されました。相互に不信感が募りました。

しかし、2011年3月11日の東日本大震災当日、宮城県女川町で1人の水産加工会社の専務、佐藤充さん(当時55歳)が中国人研修生20人を避難させ、自らは津波で命を落としたという出来事がありました。中国メディアが佐藤さんの勇気を伝えたところ、中国で瞬く間に広がり、感動を呼んでいるという新聞記事を見ました。

その年の5月に来日した温家宝首相は被災地で佐藤さんに触れ、「国籍にかかわらず救助した。高く評価している。災難の中で得た友情はとても大切で貴重だ」と最大限の賛辞と感謝の意を示されたそうです。中国では、この記事で東北地方への義援金などの支援活動が一気に広がったといわれています。

領土問題などで神経を尖らせる日中関係において、佐藤さんの行動は弱くなっていた関係を大きく前進させたのではないかと思います。私たち日本人も中国残留孤児たちを自分の子どもとして愛し育ててくれた多くの中国人の方々の善意を決して忘れてはいけないと思います。

人間関係は、それが国家間であれ個人間であれ、信頼関係を築くのは多くの努力と犠牲を必要としており、それを壊すのは非常に簡単だということを肝に銘じて行動する必要があるようです。

聖書では、小さな火が大きな森を焼き尽くすとあります。そのために、私たちキリストを仰ぎ信じる者は、個々人の間においても異文化間においても、小さな努力を積み上げていきたいものです。小さな善意の積み重ねがいつしか大きな揺るぎない信頼関係を築き上げ、平和を実現していくのだと信じてまいりましょう。

信頼関係を脅かすような出来事にばかり目がとどまりやすい中にあって、平和の種をまいていくことは容易ではありませんが、そのためにこそ私たちは召されたのだと思います。

牧師の小窓(31)福江等
佐藤充さんに助けられた中国人研修生たち=2011年、宮城県女川町の避難所で

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース