これ一冊で正教の基礎が分かる必携書 クリメント北原史門著『正教会の祭と暦』

2015年12月18日19時07分 印刷
関連タグ:正教会
クリメント北原史門著『正教会の祭と暦』
クリメント北原史門著『正教会の祭と暦』群像社、2015年11月(画像:群像社提供)

日本ハリストス正教会教団の東京復活大聖堂教会(東京都千代田区、通称ニコライ堂)で司祭を務める著者による新刊本。

本書の章は、序章、第1章「暦の日付」、第2章「斉から祭へ」、第3章「奉神礼の基本」、第4章「時課・聖体礼儀」、第5章「その他の奉神礼」、第6章「大祭と小祭」、第7章「大斉と受難週間」、第8章「復活大祭と復活祭期」、第9章「十二大祭とその他の主な祭」、終章からなっている。

本書を出版したロシア文学の出版社である群像社(神奈川県横浜市)は、本書について、「ギリシャをはじめロシア、東欧で生活習慣の基盤となっている正教会の祭と暦。正教になじみのない人には祭の意味を知り参加することが一番の理解の近道。正教の司祭が十二大祭をはじめ主な宗教行事とその背景を分かりやすく解説。これ一冊で正教の基礎が分かる必携書」と説明している。

著者のクリメント北原史門神父は本紙に対し、「旧暦・新暦、いずれの降誕祭でも、また他の祭に際しても、正教会に興味のある方に読んで頂ければうれしく存じます」と語った。

本書について詳しくは、群像社の公式サイトで。

クリメント北原史門著『正教会の祭と暦』群像社、2015年11月発行、定価900円(税別)

関連タグ:正教会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

【書評】進藤龍也著『元極道牧師が聖書を斬る!』 人生経験からにじみ出る面白くて深いメッセージ 山崎純二

神学書を読む(49)『人類の起源、宗教の誕生』 学術的異種格闘技の妙!アカデミック版「アベンジャーズ」がここに!

キリスト教書店大賞に『わたしはよろこんで歳をとりたい』 老神学者が写真と共につづる「老い」

神学書を読む(48)石川明人著『キリスト教と日本人―宣教史から信仰の本質を問う』

キリスト教と映画をつなぐ画期的な一冊がついに! 『銀幕(スクリーン)の中のキリスト教』

『聖なる漁夫』 ペテロの生涯とアラビア王女のロマンスが交錯する物語

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

神学書を読む(47)「知的ゲーム」としての宗教論、キリスト教に未来はあるか? 『西洋人の「無神論」日本人の「無宗教」』

【書評】『パウロの弁護人』 世界的な新約学者が描く初代教会をめぐる思想小説 臼田宣弘

励ましの一言がプレッシャーに? 現代日本人を読み解く『「承認欲求」の呪縛』という視点

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース