ホーム > 事件・事故  

住吉会系・三戸組の三戸慶太郎組長ら14人再逮捕、新たに5人逮捕 療養費不正受給

2015年11月27日17時22分 印刷
+住吉会系・三戸組の三戸慶太郎組長ら14人再逮捕、新たに5人逮捕 療養費不正受給
美容クリニックで施術を受ける女性 ※ 写真はイメージです。(写真:meg.dai)

指定暴力団住吉会系・三戸組の三戸慶太郎組長(50)らが関わった療養費不正受給事件で、警視庁組織犯罪対策4課は27日、さらに療養費約250万円を不正に受給した疑いが強まったとして、三戸容疑者ら14人を再逮捕するとともに、住吉会系幹部ら5人を新たに逮捕した。時事通信や共同通信が伝えた。

この事件では、三戸容疑者らが、複数の接骨院や歯科医院、美容クリニックなどで、延べ1000人以上の「患者役」を使い、施術や治療をしたと偽り、療養費や診療報酬として約1億円以上を不正に受給した疑いが持たれている。

今回の再逮捕・逮捕容疑は、2011年8月〜13年8月、東京都杉並区の接骨院で16人の患者を施術したとするうその療養費申請書を作成し、計約250万円をだまし取ったというもの。この接骨院は既に閉鎖されているが、三戸容疑者が実質的な経営者だったとされている。

一連の事件では、無料で施術や治療を受けられると持ち掛け、「患者役」を集める手口が用いられ、「患者役」として関与した人は、延べ1000人以上に上るとみられている。中には、大手芸能プロダクションに所属するお笑い芸人も複数含まれていたという。

関連記事


新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース