ホーム > 事件・事故  

アダルト広告宣伝サイト運営の男13人逮捕 JC3開発の新ソフト使い全国一斉摘発

2015年11月26日23時56分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+アダルト広告宣伝サイト運営の男13人逮捕 JC3開発の新ソフト使い全国一斉摘発
日本サイバー犯罪対策センター(JC3)のウェブサイト
- 広告 -

計18の都道府県警が25日夜、海外のサーバーを利用しアダルト広告宣伝サイトを運営していた33〜66歳の男13人を、わいせつ電磁的記録媒体陳列容疑で逮捕した。この一斉摘発では、昨年設立された産学官組織「日本サイバー犯罪対策センター」(JC3)が開発した新ソフトが使われたという。国内主要紙が伝えた。

アダルト広告宣伝サイトとは、アダルトサイトのバナー広告を掲載して収益を得るサイト。多くの場合、わいせつな画像も掲載されており、摘発を逃れるため、捜査が難しい海外のサーバーを使用しているという。

今回の摘発では、JC3が開発した新しいソフトを利用し、海外のサーバーを利用しているアダルト広告宣伝サイト約2000を抽出。全国18の都道府県警が協力し、わいせつ性が認められるサイトの運営者を特定したという。

JC3(Japan Cybercrime Control Center)は、2013年に政府の情報セキュリティー政策会議で決定されたサイバーセキュリティー戦略で、米国の産学官組織NCFTA(National Cyber-Forensics & Training Alliance)の日本版として、創設に向けた検討が進められ、昨年設立された。今回の捜査は、JC3が協力した初のケースだという。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング