来年3月4日は世界祈祷日 祈りの主題は「子どもを受けいれなさい、そしてわたしをも」

2015年11月13日17時46分 印刷
+来年3月4日は世界祈祷日 祈りの主題は「子どもを受けいれなさい、そしてわたしをも」
今年の世界祈祷日には「イエスの究極の愛」を共通のテーマに、北海道から沖縄まで全国61カ所で祈りの集会が開かれた。写真は、東京都町田市の日本基督教団原町田教会で開かれた町田・八王子地区の集会。この日のために、地域にある13の教会から大勢の信者が集まった=3月6日

毎年3月第1金曜日は、120年以上続く世界祈祷日。世界のキリスト者が教派を超えて祈る日だ。日本での活動を担当する日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会は、来年3月4日の世界祈祷日に向けてウェブサイトを立ち上げ、準備を始めている。

世界祈祷日の運動は1887年、米国の女性たちが、移住者や抑圧されている人々を覚えて始めたもの。その後、2度の世界大戦を経て、毎年3月第1金曜日を世界祈祷日として定め、和解と平和を求める祈りの運動として教派を超えて広がっていった。日本では、1932年から第2次世界大戦中を除き毎年開かれている。

今回の祈りの主題は、「子どもを受けいれなさい、そしてわたしをも」。2016年の式文とメッセージは、キューバの女性たちが用意した。NCC女性委員会は1949年より、世界祈祷日国際委員会(WDP)から出されている原案をもとに、日本語式文を作成し配布している。今年も、NCC女性委員会を通して配布の受付が行われている。

今年は、ポスター、日本語式文、英語式文、子ども式文、点字式文が各100円、キューバの賛美歌CD500円、『世界祈祷日の歩み』(2009年版)500円などが販売されている。また、キューバに関するスライドを無料で転送している。

世界祈祷日にささげられた献金は、WDPを通して、式文作成国で行われる女性の活動や国内外での女性の働きのために用いられる。

世界祈祷日について詳しくは、ウェブサイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース