パキスタンのカラチに事業家が巨大な十字架建設

2015年6月2日00時15分 印刷
関連タグ:パキスタン

【CJC=東京】パキスタンでは少数派キリスト者の実業家パルヴェズ・ヘンリー・ギル氏が2年前、抑圧にあえぐ仲間のために何かするべきだと神が語り掛ける夢を見たとして、カラチに高さ42メートルもの十字架を建設中。

イスラム教過激派によるキリスト者への襲撃がパキスタンでは続いている。2013年にはペシャワールの全聖徒教会でタリバンによる自爆テロがあったが、この3月にもラホールで教会2カ所に自爆テロがあり、15人が犠牲となった。

AP通信によると、ギル氏は「パキスタンのキリスト者には信教の自由があることを示したかった」と語っている。十字架への批判があることも分かるが、それは神に委ねている、と言う。

十字架は、カラチ市中心部にあるキリスト教墓地の入口に建設中で近く完成する予定。墓地は英国統治時代に設置され、200年近くの歴史がある。完成後は墓地管理人が十字架の維持に当たるという。

パキスタン教会(聖公会)のサディク・ダニアル主教は、騒動が激化すれば十字架取り壊しも考えなければならないが、まずそんなことにはならないだろう、と言う。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
関連タグ:パキスタン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース