東京都:演奏会「Kantaten für Palm- und Ostersonntag ―枝の主日と復活祭のカンタータ―」

2015年4月6日16時21分 印刷
+東京都:古楽アンサンブル Affetti mvsicali 第2回演奏会「枝の主日と復活祭のカンタータ」

古楽アンサンブル「アフェッティ・ムジカーリ(Affetti mvsicali)」の第2回演奏会「Kantaten für Palm- und Ostersonntag ―枝の主日と復活祭のカンタータ―」が4月10日(金)、東京都新宿区の日本福音ルーテル東京教会で行われる。

アフェッティ・ムジカーリは17世紀バロックを中心としたその前後の時代、16世紀ルネサンスから18世紀中頃に至る時代に書かれたさまざまな編成の声楽作品や器楽曲を演奏している。その名称は、「音楽に込められた諸々の情念」、あるいは「音楽で表現される様々な感情」を意味する。今回の演奏会では、キリストの受難と復活をテーマとするドイツ・バロック作品から、若きバッハの受難と復活のカンタータ2曲と、バッハより一世代前の3人の作曲家たちの作品を演奏する。

予約・問い合わせは、アフェッティ・ムジカーリ事務局(メール:affetti.mvsicali[アット]hotmail.com)。チケットの取り扱いは、東京古典楽器センター(03・3952・5515)。

日時:2015年4月10日(金)午後7時~(開場:午後6時半)
場所:日本福音ルーテル東京教会(東京都新宿区大久保1-14-14)
チケット:前売り3500円、当日4000円(全席自由席)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース