韓国CCK代表会長が辞任を電撃発表

2014年8月12日17時59分 印刷
+韓国CCK代表会長が辞任を電撃発表
辞任を発表するホン・ジェチョル韓国基督教総連合会(CCK)代表会長=12日

韓国の60教団以上が加盟する韓国基督教総連合会(韓基総=CCK)のホン・ジェチョル代表会長が12日、辞任することを発表し、次期代表会長の選挙日程を明らかにした。ホン氏の任期は2016年1月までだった。

ホン氏はこれまで、「(CCKから脱退した教団が作った)韓国教会連合(韓教連=CCIK)との統合が実現すれば、代表会長を辞任する」と何度も語っており、最近では「年内の統合が実現できない場合は、今年末までの任期を全うした後、辞任したい」としていた。しかし、今回これよりも早く、2014年を約4カ月半残した時点で辞任することになった。ホン氏が当選後に任命したチェ・ミョンオ総務も共に辞任する。

ホン氏は、辞任時期を早めた背景として、14日から18日まで予定されている教皇訪韓を挙げた。「過去に教皇が訪韓したときと、(韓国初の枢機卿である)キム・スファン枢機卿(1922〜2009)が亡くなったとき、(プロテスタントの)クリスチャンがそれぞれ50万人ずつ減ったという話がある」とし、「しかし、今回の教皇訪韓を控える中であっても、韓国の(プロテスタント)教会が教権や既得権、違法、不正などの問題だらけである姿を見て、私一人だけでも決断して変化することができるよう願い、(辞任を)決心した」と明らかにした。

韓教連との統合が難航していることも、ホン氏の今回の決定に影響を及ぼしたとみられる。ホン氏は「韓教連との統合の件を、韓国教会の元老らに委任し、元老らはチョー・ヨンギ牧師(ヨイド純福音教会元老牧師)に委任したが、チョー牧師が何度か交渉を試みたが、韓教連側からの(統合への)意思が見られないと言われた」とし、「そのため、元々辞任することに決めていたので、教皇が訪韓する前に(辞任)しようとした」と語った(関連記事:韓国教会の指導者らが会合、CCK・韓教連統合のための提案を発表 チョー・ヨンギ牧師が仲介役に)。

韓国CCK代表会長が辞任を電撃発表
ホン氏の辞任記者会見にはCCK役員も同席した。

ホン氏は、「私は、支えてくださった皆さんの力と願いをもとに、CCKを改革し、韓国の教会を一つにするために最善を尽くしてきたと思っている」と言い、「後任者が決定されれば、私を支えてくださったかのように、その人を支持していただき、韓国の教会が一つになる道を行ってほしい」などと語った。

記者会見に先立って開かれたCCK役員会では、ホン氏の謝意を受け入れ、選挙管理委員会を設置。選挙を早急に実施すること決めた。今後は、12日から16日午後12時まで候補者の登録を受け付け、18日に候補者の資格審査を実施。その後、候補者の公聴会(20日)、総会招集通知(21日)、選挙人名簿作成(25日)、選挙公報資料の作成・発送(26日)を行なう。そして、9月2日午前11日に臨時総会と代表会長選挙を行い、9月16日に次期代表会長の就任式が行なわれる予定だ。次期代表会長は、ホン氏の残りの任期である2016年1月までが任期となる。

一方、ホン氏は、「候補者がいない場合は、共同会長を一人指名して職務代行に立て、(自身は)身を引く」と語った。

※この記事は韓国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース