「あなたの祈りは聴かれている」 断食祈祷聖会2014

2014年1月15日05時57分 印刷
+「あなたの祈りは聴かれている」 断食祈祷聖会2014
中川氏の講演を受け、日本宣教のために祈り込む参加者たち=14日、東京都新宿区の東京中央教会で

「断食祈祷聖会2014」(同実行委員会主催、日本福音同盟(JEA)など協力)は2日目の14日、午後7時から集会が行われ、ハーベスト・タイム・ミニストリーズ代表の中川健一氏が講演した。中川氏は、宣教に関する全体的な理解として「神の圧倒的な勝利に世界は向かっている」とし、「あなたの祈りは聴かれている。特にあなたのささげる大きな祈りほど聴かれている」と国のためにとりなし祈るキリスト者たちを励ました。

中川氏は、「私たちのすべき役割を果たしていくときに、時が来たならば、神ご自身が必ず責任をもって約束のことをしてくださる」と語り、「神に従い、悪魔に立ち向かう」を基本戦略に、2テモテ4章1、2節を具体的戦術とすることを提唱した。

中川氏は、2テモテ4章1、2節について「クリスチャンはすべて、自分の言動は父なる神とイエス・キリストがそこに介入しておられるということ、そして地上生涯をどのように歩んだかによって、御国において報酬が決まってくるという認識をしっかりと持つ必要がある」と説いた。その上で、「具体的戦術は御言葉を宣べ伝えること。あなたの考えや人生観、宣教のアイデアを伝えなさいではない。御言葉を語るということに尽きる」と強調した。

さらに、2テモテ4章3、4節について「いまの時代がこの話とまったく無関係だとは思えない」とし、「時代はそれて外れていく。それゆえに、私たちはもう一度気持ちを引き締めて、もっとも基本的な戦術に回帰していく必要がある」と再度、聖書の御言葉を説くことの重要性を強調した。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース