ルーテル学院図書館で1630年印刷のルター訳旧新約聖書発見 来年復活祭頃には修復終了

2013年12月20日23時21分 印刷
+ルーテル学院図書館で1630年印刷のルター訳旧新約聖書発見 来年復活祭頃には修復終了
ルーテル学院図書館で発見された1630年印刷のルター訳旧新約聖書(写真:「宗教改革500年 関連ニュース」より)

ルーテル学院大学図書館(東京都三鷹市)で、1630年に印刷されたルター訳の旧新約聖書が発見された。現在、専門家に修復を依頼しており、来年のイースター(復活祭)頃には修復が終わって同図書館に戻ってくる予定だ。

日本福音ルーテル教会の「宗教改革500年関連ニュース」によると、同図書館は昨年耐震工事を行い、その際、図書館の4階に積み上げられていた未整理図書の中から、1630年にフランスのストラスブール(ドイツ語名:シュトラスブルク)で印刷された大判の今回の聖書が発見されたという。

同聖書は、未整理図書として40年近くかなり高温多湿の空間に放置されていたため、多少の痛みや虫食いが見られるというが、専門家に相談の上、現在本格的な修復作業が行われている。

同聖書には、ドイツを代表する版画家・製図家であったマテウス・メリアン(1593〜1650)の銅版による挿絵が多く挿入されており、そのために「メリアン聖書」とも呼ばれている。17世紀の聖書としては、その挿絵の印刷史、美術史上の両方において傑作だと言われているという。

一方、同聖書には現在の聖書と同じく章の他に節がふられており、聖書への章節付加の歴史の観点でも貴重な資料となりそうだ。

来年のイースター頃には修復が終わり同図書館に戻ってくるため、イースターと来年9月に行われる日本ルーテル神学校の一日神学校で、今回発見されたルター訳聖書について解説付きの特別展示が期待されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース