バチカン銀行がホームページ開設

2013年8月8日09時54分 印刷

【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)の財政管理組織『宗教事業協会』(通称バチカン銀行)は7月31日、同行の概要などを掲載したホームページを公開した。同行を経由したマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑が絶えないことから、運営の透明性を高めて信頼回復を図る狙い。

ホームページでは、同行が1942年設立以来71年にわたる歴史を紹介、カトリック関係団体や聖職者らの顧客数が2012年1万8900だったこと、職員数114人なども記載されている。同年の預かり総資産が63億ユーロ(約8249億円)で純利益8660万ユーロ(約113億円)だったことも明らかにしている。

同行はバチカン資産の管理・運用を担当するが、預金者や資金の動きを他国の捜査当局に公開しないなど不透明さが指摘され、欧州連合(EU)などから改善を求められていた。

資金清浄の隠れみのに使われる例が後を絶たず、教皇フランシスコは6月に運営状況に関する調査委員会を設置した。教皇は7月28日の記者会見でも「透明性と正直さが必要」と改革の決意を示している。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース