ザ・ペリースのトレイシー・スタッフル、病院に搬送

2013年1月25日23時29分 印刷
+ザ・ペリース(Photo : The Perrys)
 サウザンゴスペルグループのザ・ペリースは、バス担当のトレイシー・スタッフルが脳卒中で運ばれたことを受けて困難な局面に立たされている。

 トレイシーの妻リッビは現在、ザ・ペリースのファンに向けてトレイシーの状況をフェイスブックで語っている。「出血は止まって、脳はこれ以上膨張しないの。どうか祈りを捧げてください。今は腫れが最小まで治まってきたわ。神への祈りが100%彼を回復させると思うわ」とファンに祈りを懇願した。

 リッビのトレイシーに関する状況説明は以下のとおり。

 「愛しのトレイシーに関する情報よ。脳卒中は血の塊によるものではないけど出血していたのよ。夜は動かず、話すことは理解できないの。でも私たちにはわかるわ。今はICUにいてしばらくそこで治療されるの。今朝8時頃か少し後か別のCTを撮る予定よ。出血は止まって脳はこれ以上膨張しないの。どうか祈りを捧げてください。今は腫れが最小まで治まってきたわ。神への祈りが100%彼を回復させると思うわ。

 トレイシーを病院まで連れていって友人のナンシーと夜を過ごしたの。彼女は今日乳がんの手術を受ける予定なの。病院から約1.6kmのところで、一体どうしちゃったのか彼が事故を起こしたの。でも病院からそう遠くなくてよかったわ。神よ感謝します。自分でEMTを呼ぼうとして、なんとかビル・ベイリーを呼び出したの。大丈夫だと自分に言い聞かせたけど、神の力を心から必要としているの!!! 私が知っている全てはみんなと完全に誠実になることよ! 神の世界にいる私は偉大なる神によって癒やされるのよ。イエスという尊い名のもとに!!! リッビ」

 数時間前、リッビは最新情報を更新した。

 「最新情報アップデート時間8:33(現地時間) 新たなCTスキャンで出血が増えていたことがわかったの。彼が生死をさまよっているなら、出口に彼を連れていってくれるかもしれない。医者は少し現状を教えてくれると思うわ。血圧は薬で下がっているの」

 トレイシー・スタッフルに関するリッビのフォローはこちら。

http://www.facebook.com/pages/The-Perrys/141953479202640
トレイシーの回復を願ってリッビが強く居られるために神に祈ってくれたみんなに感謝します。

 サウザンゴスペルグループのザ・ペリースに関する詳細はこちら。

http://www.perrysministries.com


関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


海外ゴスペルの最新記事 海外ゴスペルの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース