ケニア・ガリッサで2教会襲われる

2012年7月10日10時41分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:ケニア

【CJC=東京】ケニア東部のガリッサで7月1日、武装集団が教会2カ所を襲撃、17人が死亡、負傷者も60人以上出た。

襲撃されたのはカトリック教会と「アフリカ内陸教会」。覆面姿の男数人が両教会の入り口に立つ武装警察官2人を射殺し、自動小銃を奪って教会内で乱射、手投げ弾も投げるなどの攻撃を加えた。教会内部には遺体が散乱し床は血だらけだったという。

ソマリアとの国境から約140キロに位置するガリッサは、ソマリア系のイスラム教徒が住民の多数を占める。

ケニア政府は昨年10月、イスラム武装勢力「シャバブ」を掃討するためソマリアに軍を派遣、シャバブは報復を宣言していた。

ケニアでは首都ナイロビでも爆発が相次ぎ、シャバブは高層ビルの爆破も予告している。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:ケニア

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング