第3回「再臨待望聖会」、再臨信仰を持つ信者が結集

2012年2月21日09時36分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ハーベスト・タイム・ミニストリーズ代表中川健一氏(写真提供:同ミニストリーズ)
- 広告 -
 ハーベスト・タイム・ミニストリーズ(代表:中川健一氏)の第3回再臨待望聖会が25日沖縄聖会を皮切りに、3月3日名古屋、10日札幌、17日大阪、そして20日東京と全国各地で聖会が催される。

 「再臨待望聖会」は日本の霊的覚醒、ユダヤ人の救い、メシアの再臨の3つを祈りのテーマとして、再臨信仰を持つ信者が結集する聖会となっている。第3回目となった2012年度の聖会では、ゲスト講師としてイスラエル聖書大学学長エレズ・ソレフ氏が大阪と東京の会場において「メシアニックジュー運動の祝福と課題」、また愛知教育大学教授の黒川知文氏が東京会場で「内村鑑三と再臨運動」についてメッセージを伝える予定である。

 代表の中川氏によると、第3回目となった今年の再臨待望聖会は、その内容がさらにスケールアップして開催されるという。聖会を通してすべてのクリスチャンにとって、メシアの再臨を待ち望むことが祈りとなり、希望となることが期待されている。

 各地で開かれる聖会は、申し込みなしで誰でも参加可能(参加費無料、席上献金あり)となっている。詳細はハーベスト・タイム・ミニストリーズホームページまで。

 昨年の聖会の様子はこちらからご覧になれます。
 

第2回再臨待望聖会『はじめに』中川健一 from Harvest Time Ministries on Vimeo.

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング