日本キリスト教社会事業同盟が訪韓 キリスト教福祉施設を視察

2006年12月7日20時27分 印刷

日本キリスト教社会事業同盟の代表ら8人が11月24日から28日まで韓国の大韓イエス教長老会統合教団(社会奉仕部)の招請で訪韓し、キリスト教会による社会福祉活動の現場などを視察した。

同同盟の代表らは、ソウルの南方約170kmにある大田(デジョン)を訪れ、児童センター、総合社会福祉センター、老人福祉会館、教会無料給食所などを視察した。

日本では長期の経済不況で福祉関連の予算が削減され、民間による福祉事業が脚光を浴びている。今回の訪問を通してキリスト教会による福祉事業の必要性と展望が示される形となった。

同同盟の関係者は「日本の場合、福祉施設が先に建ち、後から近隣に教会が建つ場合が多い。韓国では教会が地域の福祉事業を率先して行っている様子を見ることができた」と感想を述べた。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース